Categories
Archives
Entries
Recommend
Secret (DVD付)
Secret (DVD付) (JUGEMレビュー »)
浜崎あゆみ,ayumi hamasaki,H∧L,tasuku,Kazuhiro Hara,CMJK,Keiji Tanabe,HIKARI,Shingo Kobayashi
Recommend
Ccomments
Links
Profile
Others
Search
- / - [-]
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


comments(4) / - [考え事]
宗教社会学
私は「宗教社会学」に興味がある。

もとはというと、
「どうして日本人はこんなに宗教を毛嫌いするのか?」
というのが始まりだった。

宗教は(宗教に限らず)必要とされているから残っている
ましてや「宗教を信じている」という大雑把な面から見れば、むしろ「信じていない」方がマイノリティーなくらいだ。

残ったものは残したもので偶然なんかじゃないよ

宗教社会学入門という本を読んで納得したので、ちょっと紹介したいと思う。

『日本人は宗教を嫌う。
うとましい、いんちきなものだと避ける。
そして、こんなにも「いんちきなもの」が世に行き渡っていることに疑問を抱く。

宗教なんて自分には関係ない、うっかりはまると怖いから近づかない。
それなのに宗教については、実は何も知らない。
これが普通の日本人。

こういう日本人のあり方は世界的に見るとかなり特別だ。

人間は社会に「意味」と「価値」を求める。
社会を満たしている意味や価値は、1人1人が自分で考え付いたものではない。
生まれたときに、もうすでにそこにあった。

では、なぜそこに「あった」のか?

意味や価値の始まりは何か?
これはもう、1人の人間の知性では説明がつかない。

けれど、人間はこれを考えようとする。


その時に工夫をした。


例えばこの世は、ある偉大なものによって設計され、製造されたと考えてみる。
それなら、私達が生まれる前から社会が価値や意味にあふれていても当然である。

それを製造したものは世界の外側にある。

この偉大なものをGodとよぶことにする。
すると、キリスト教である。


また、例えば、世界が大昔からある究極の法則にしたがって動いていると考えてみる。
この究極の法をダルマとよんでみる。
すると、仏教である。



これらの例は、人間が考えられることの限界に挑戦するいくつかの試みであり、工夫である。
このような工夫をなくして、人間は、価値や意味にあふれる世の中を、「これでいいのだ」と確信をもつことができなかった。


歴史的にみると、日本では、特定の宗教に熱心だといろいろなことに差し支えがでた。
日本人は、「知性」と「宗教」を結びつけることができなかった珍しい文明国かもしれない。

日本人にとって「宗教」は「知性」ではないから、「弱いものの気休め」か「人をだますもの」ということになる。
外国で人々が熱心に宗教を信じていることが理解できない。

そろそろ、そういう考えからは抜け出して、宗教と知性を結びつけよう。
日本人だって知性を持っている。
ならば、それを働かせて世界の価値を意味をつきとめたいはずだ。』


結局日本人の中にだって同じような原理は働いているわけで、
それを「知性」にできなかったことが、日本を「無宗教」という少し他の文明国とは異質なものにした。

どうしてできなかったか、というのは歴史を排除して考えることはできない。
けれど私にはまだ知識が足りなすぎるので、それはまたもっと専門的なことを学んでから考えたいと思う…


とりあえず、今日は、
宗教は、同じ人間の知的活動の中である程度自然発生的に生まれたものであって、そこには特に変わった思考を加えたとかそんなのでない
ということを本を読んで再認識できてよかった。


きっと誰もが何かを信じていたい

この歌詞だって、宗教に通じるものがあると思う。
それはこの歌詞が宗教的要素を含んだ歌詞であるから
ではなくて
全ての生活が「宗教」につながっているから
だと思う。
ここで「 」をつけたのは、やっぱりちょっと誤解を生むかなと思ったので。
全ての生活が「宗教」につながっているのではなくて、
人間の生活を、体制化したものが「宗教」と呼ばれているだけなのではないか
と思う。

- / - [-]
スポンサーサイト

comment
うわ〜オレが今もろに興味ある分野です
参考程度に以下を書きました

「宗教は、信仰の教えであり、私生活の法である」
(菊池絵美『人間の中へー中東』(文芸社))
これについて養老孟司は

この逆、「私生活には法があり、それは信仰の教えであり、すなわち宗教である。」という論理も十分通じる
これを仮定すれば、どこの社会にも宗教が存在する事になり
同時に日本においての「宗教=世間」と置き換えられる事になるのではないか

世間の定義が曖昧ですいませんね
是非論文を書き上げてくださいませ
じゅんや [2006/12/16 1:49 AM]
comment
あぁ私は養老さんの考えにかなり共鳴します。
じゅんやさんのぶろぐみて学校の図書館で養老さんの本探したのですが、なんかなさそうだったので、まーいっかと思ってましたが、今すごい読みたくなってきました!
私まだ未熟者ですんで論文なんてかけませんが、大学に行ったら是非書いてみたいですね…
じゅんやさんは大学で何学ばれてるんですか?
re-ayu [2006/12/16 7:42 PM]
comment
自分新刊が好きなので本屋で探し回ってます
確かにまだまだ論文は書けるレベルにはないと思いますが、大学に進んで時間が出来てから色々な本を読んで勉強したら
きっと自分の言葉で考えをまとめてみたくなると思いますよ〜
オレの専攻は経営工学です
全く社会学に関係なし笑
高校の時は将来の夢はなくて、消去法で選んだり、進学後学部内の違う学科に進んでみたりして、今に至ります
でも大学生になって生活を始めてから色々あって、最近社会学に興味を持つようになりました
そっちは趣味で、その方面の読書に耽っています
じゅんや [2006/12/18 2:01 PM]
comment
私は大学行ったら哲学やってみたいです
でも他のにも興味があるので今は迷ってます…
とりあえず経済と法はイヤなので文学部に進むことは決めました
それより今は受験勉強頑張らないとですけどね…
re-ayu [2006/12/18 4:09 PM]
write